歯磨き 時間術

<読了時間目安:3分>


【目次】


【現状|課題リスト】

以下のような課題を抱えている方、

今回も tono時間術フレームワーク を用いて考えましょう。

・ 歯磨きに時間が掛かっている
・ 歯磨きが手間である
・ 結局、適切な歯磨き方法を考えることさえ疲れた

【結論|全体図】


【提案|各段階の具体的なアクション】

①やめる

健康は食がつくる。
食が充実するのは歯のおかげ。
それが故に
歯は大事にした方がいい。
この事実は誰もが知る言葉だ。

ここから考えると
歯磨きを「やめる」のは得策ではない。
歯磨きを「やめる」よりは、歯のケアを「やめる」という観点から考えよう。

歯のケアにもいくつかある。

・歯磨き(歯ブラシ、電動歯ブラシ)
・歯間ブラシ
・デンタルフロス
・ジェットウォッシャー
・ホワイトニング
・デンタルリンス

…など。

それぞれにメリット/デメリットがある。

たとえば、デンタルリンスは常在菌まで除去してしまうだとか、
電動歯ブラシは、歯茎を傷めるだとか。

種類も様々で、
歯ブラシで言えば

・一般的な歯ブラシ
・音波歯ブラシ
・超音波歯ブラシ
・イオン式音波歯ブラシ。

などがある。

色々と考えた末、
「時間術」と「歯と歯垢除去率」から決断していこうと思う。


②やる

「歯と歯垢除去率」から考えると
どうやら「歯ブラシ × 歯間ブラシ」の組合せが良いようだ。

ここに「時間術」の観点を載せていく。


③自動化

歯間ブラシの自動化は「ジェットウォッシャー」だろう。

ただし、除去率に不安があるため、
歯間ケアに対するアプローチは
「負荷の少ない方法」として「歯間ブラシ」を後ほど紹介しよう。

…とは言うものの、なかなか素晴らしいジェットウォッシャーがあるものだ。
使用中の動画を観ていただくと「オオッ!?」となると思う。(私はなった。)

「歯ブラシ」についても自動化を考える。
「電動歯ブラシ」だ。

汚れの除去効果という点において、
音波/超音波歯ブラシが優れているらしい。
また、正しい方法で使用すれば、歯を傷つけるリスクも小さいらしい。
(さらに、超音波式電動歯ブラシは、歯垢の除去だけでなく歯垢の付着力を弱めて落としやすくしてくれるらしい。)

そうした点を重視するのであれば、音波/超音波歯ブラシがおすすめ。
歯がツルツルになるスピードが手磨き用の歯ブラシよりも早いらしい。

この辺りはいかがだろう。


④負荷の少ない方法

さて、「歯間ブラシ」についてだ。
「歯間ブラシ」も色々ある。

ナイロンタイプやゴムタイプ。
さらに、形状もL字型とストレート型。

個人的には、奥の歯間を攻めやすい「L字型」が良い。
そして、歯垢除去力が高い「ナイロンタイプ」が良いと考える。

以下などはいかがだろう。

手磨き用も様々ある。
「負荷の少ない方法」という歯ブラシを選定するのは難しいが
この辺りはいかがだろう。


⑤現状の方法

子どもの頃から、お気に入りの歯のケア方法がある。
虫歯が一本もないし、特に困っていない。

そのような方がいるなら、現状の方法そのままで問題ないだろう。


そういう方の、歯ブラシや歯間ブラシの動かし方には
プロフェッショナルさが溢れているのだろうなあ…観てみたいものである。

我こそはという方、ぜひご連絡ください。

色々と書いてきた。
技術革新により、これからも歯のケアは進化を遂げていくだろう。

その変化に合わせ、この記事も都度アップデートしていく所存である。
これからも、どうぞよろしくお願いしたい。

それでは皆さん、よりよい歯磨きタイムを。


さて、

その他にも、おすすめの「歯磨き 時間術」があるという方がいれば

「サイトについて」ページのお問い合わせから

ご連絡いただければと思う。

皆さんが納得のいく「時間術」に出会えるよう願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA