髪管理 時間術

<読了時間目安:3分>


【目次】


【現状|課題リスト】

以下のような課題を抱えている方、

今回も tono時間術フレームワーク を用いて考えましょう。

・ 髪の管理に時間が掛かっている
・ 髪の管理が手間である
・ 結局、自分が髪をどうしたいのか考えることさえ疲れた

【結論|全体図】


【提案|各段階の具体的なアクション】

①やめる

髪の管理は、結構な時間を要する。
知人にスキンヘッドの方がいるが、管理は楽そうである。(今度、聞いてみよう。)
知人にボウズもいるが、管理が楽らしい。(以前、聞いた。)
バリカンで刈っているそうだ。
風呂上がりなど、タオルで吹いたら一発で乾くと話していた。
そりゃ、そうだろう…。

髪の管理を「やめる」方法は
単純に「髭 時間術」の考え方と同じく
永久脱毛になるだろう。

ただし、怖がらせることもあるそうなので、そう単純な話ではないらしい。(以前、聞いた。)

髪にこだわりがあれば、思い通りの綺麗な髪を目指すことにも配慮して髪管理を考えないといけない。

髪管理は「やる」前提で、「時間術」踏まえ考えていく。


②やる

髪の管理で最も時間を要するのは「髪を乾かす点」である。
長髪であればあるほど、時間もどんどん増えていく。
早く乾かすことさえできれば、かなりの時短になりそうだ。

1.自然乾燥(自動)
2.エアコン(ほぼ自動)
3.扇風機(ほぼ自動)
4.ドライヤー(手動)

乾かすパターンはこの辺りだろう。


③自動化

1.自然乾燥(自動)


これはほぼ放置ということである。
髪が濡れた状態から、タオルで吹き、その後は放置…
そのような流れになると思う。
早く乾かさないと、髪(頭皮)が臭くなる、あるいは、髪が傷むとも言われている。
自然乾燥にもリスクはあるようだ。

その辺りは人それぞれの価値観なため、各自よく検討していただきたい。
私は髪を大事にしたい、頭皮も大事にしたいため、話を進める。

2.エアコン(ほぼ自動)


エアコンの風はなかなかの乾燥を提供してくれる。
ただし、髪に良いかというと、そんなことはない。
エアコンの汚れやカビが気になる方は、やめておいた方がいいだろう。

エアコンも今は進化しているため、この辺りを採用すれば、気にはならない気がするが。

3.扇風機(ほぼ自動)


エアコンより現実的ではないだろうか。
大きなドライヤーとも考えられなくはない。
なかなかのアイデアなのではないだろうか。(自画自賛…)

夏場は得にこの方法が良さそうだ。
冬場も暖房をつけながらであれば、悪くない。
書いていて、私も採用しようと思い始めた。

扇風機は見た目にもこだわりたい。
この辺りはいかがだろう。


④負荷の少ない方法

4.ドライヤー(手動)


色々と書いてきたが、
「早く乾かす」かつ「髪質にもこだわる」場合、
ドライヤーの一択になるだろう。

最速で乾かすことを求める場合は、ダイソンのドライヤーだろう。
少々高いが、「時間術」観点で見ても満足のいく効果が期待できる。

ただし、髪質にこだわる方は、パナソニックのドライヤーを採用しているようだ。
(私もこちらを採用している。以前に比べ、髪質が素敵になったと感じる。)

こればっかりは、「時間術」にとことん倒すか、
「髪質」にこだわるかで意見がわかれそうだ。
さらに、視点をかえた「時間術」で考えると、

納得のいく髪質

気分が乗る

仕事などのパフォーマンスが向上する


…という効果も生み出せるため、トータルして考えると、
パナソニックドライヤーという選択肢も「時間術」としてはありだろう。

そういった観点からも、自分に合う方法を見つけて欲しいと思う。


⑤現状の方法

すでに、自分に合う「髪管理 時間術」を見つけている方であれば、そのままで良いだろう。
ただし、時代の変化と共に技術も変化し、商品の質も上がっているため、
試行錯誤の機会は定期的に持ちたいものである。

常によりよい「髪管理 時間術」を求めて、これからも更新の機会は持ちたいと思うばかりである。


さて、

その他にも、おすすめの「髪管理 時間術」があるという方がいれば

「サイトについて」ページのお問い合わせから

ご連絡いただければと思う。

皆さんが納得のいく「時間術」に出会えるよう願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA