布団乾燥 時間術

<読了時間目安:3分>


【目次】


【現状|課題リスト】

以下のような課題を抱えている方、

今回も tono時間術フレームワーク を用いて考えましょう。

・ 布団乾燥に時間が掛かっている
・ 布団の管理が手間である
・ 結局、自分は布団の管理をどうしたいのか考えることさえ疲れた

【結論|全体図】


【提案|各段階の具体的なアクション】

①やめる

人間は寝ている間に
沢山の水分を放出すると言われる。

その点から考えて
布団はカビなどで簡単にダメになる。

特に湿度の高い時期は
布団乾燥を必ず行いたいところだ。

布団乾燥を「やめる」という選択肢はあり得ないだろう。


睡眠の質にはこだわらないといけないと騒がしい。
確かに、1日のうちの3分の1は寝ることになるのだから
そこは手を抜きたくない。


②やる

布団乾燥も色々と方法はありそうなものだが、
できる限り容易で、かつ、手間にならない方法を考えたい。


③自動化

布団乾燥の自動化といえば、
布団乾燥機 一択だろう。
特に手軽に布団乾燥ができるのが以下だ。

私は以下のタイプを使っているが、袋を拡げて行う手間を考えると段違いに楽である。
(先に挙げた乾燥機を見て、近々買い替えようと思う。)


④負荷の少ない方法

あとは外に干す方法などが考えられるが、
季節や干す時間帯も考えると、制限が多いというデメリットがある。

やはり、乾燥機は導入したいところだ。


⑤現状の方法

皆さんはどういった管理方法を採用しているだろうか。
コインランドリーや浴室乾燥機、除湿機や扇風機を用いる方法もありそうだ。
スノコやベッドフレームも活用するというのも良さそうだ。

こだわり始めたらキリがないが、
寝具周りはしっかりと管理(メンテナンス)して、良質な睡眠を確保したいところである。
なぜなら、睡眠の質は心身のパフォーマンス向上に多大なる影響を及ぼすからである。

結局のところ、
本質的な時間術の1つであると考えられる。

こういった考え方ができるようになると
どの時間術が、どういう効果を発揮し、
本質的な時間術として、どう人生に影響するのか考えられるようになる。

布団乾燥機なんて…と軽視しがちだが、
むしろ重視すべき時間術であると言える。

こういった「小さく見えて、実は効果が大きい時間術」というものがあるため、
1つ1つの時間術としっかり向き合って、これからも本質的な時間術検討を行っていきたいと思う。


さて、

その他にも、おすすめの「布団乾燥 時間術」があるという方がいれば

「サイトについて」ページのお問い合わせから

ご連絡いただければと思う。

皆さんが納得のいく「時間術」に出会えるよう願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA