食器洗い 時間術

<読了時間目安:3分>


【目次】


【現状|課題リスト】

以下のような課題を抱えている方、

今回も tono時間術フレームワーク を用いて考えましょう。

・ 食器洗いに時間が掛かっている
・ 食器洗いが手間である
・ 結局、自分が食器洗いをどうしたいのか考えることさえ疲れた

【結論|全体図】


【提案|各段階の具体的なアクション】

①やめる

自炊をやめることも考えた。
ただし、新鮮な野菜や肉を調理して食べたい。

紙皿、紙コップで食べようと考えた。

だが、素敵な食器で食べるから美味しいような気がする。

であれば、「食器洗い」を避けては通れない。

必要最低限のお皿やコップで済ませれば、さほど洗う量も気にならない。

しかし、毎日となると結構な時間的コストになる。


②やる

どうにかして、「食器洗い」を楽にはできないだろうか。


③自動化

家事代行サービスという手段もあるが、
その他の方法も検討しよう。

強い味方になってくれるのは「食洗機」だろう。

色々と調べたが、「洗浄力」「水の補充」「食洗機を綺麗に保つ点」を考慮する必要がありそうだ。
食洗機のおすすめは以下だ。

大家族、あるいは、キッチンが広いなら、こちらでも良い。
ただし、存在感が大きいように思うから、
使用する食器の数を押さえて、小さめの食洗機を使用する方向で考えたいと思う。

この辺りだろうか。
食洗機は様々なものが売り出されている。

ご自身の生活に合わせたものを選ぶ必要があるため
商品は店頭でよく検討するのが良さそうだ。


④負荷の少ない方法

負荷の少ない方法は、先にも書いたが


・紙皿、紙コップを活用する
・最小限の食器の使用に留める


…であろう。


⑤現状の方法

ご飯を食べ終わった後、
手についた油を洗い落とすなら、
いっそのこと食器洗いもしてしまえばいいという考えから
食器洗いを自動化しないこともひとつのアイデアかもしれない。

また、食器を洗うこと自体が好きという方も少なからず居るようだから、
自動化もほどほどにするということもありだろう。

このサイトで、何度も書いているが
究極の時間術は「やらないこと」がポイントである。
完全なる自動化(自動化家電の場合、自動掃除機能付きかどうかも含む自動化)も押さえておく必要がある。

ただし、時間術を実行する前には、自分が何に時間を費やしたいのかを明確にしておく必要があるのだ。

皆さんには、自分なりの「食器洗い 時間術」を見出していただきたいと思う。


さて、

その他にも、おすすめの「食器洗い 時間術」があるという方がいれば

「サイトについて」ページのお問い合わせから

ご連絡いただければと思う。

皆さんが納得のいく「時間術」に出会えるよう願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA