服選び 時間術

<読了時間目安:3分>


【目次】


【現状|課題リスト】

以下のような課題を抱えている方、

今回も tono時間術フレームワーク を用いて考えましょう。

・ 服選びに時間が掛かっている
・ 服選びが手間である
・ 結局、自分がどのような服装をしたいのか考えることさえ疲れた

【結論|全体図】


【提案|各段階の具体的なアクション】

①やめる

服の制服化。
同じ服を複数枚そろえておき、同じ服で毎日を過ごす。

スティーブ・ジョブズ氏、マーク・ザッカーバーグ氏なども取り入れている。
1日に行える適切な決断の数には限りがあるため、服選びもなくすという徹底ぶり。

服にこだわりがない方は検討されてはいかがだろう。

制服化の他にも、
誰かに服装を選んでもらうという方法もある。
ただし、毎日となると、現実的ではなさそうだ。


②やる

「服を選びたい」という方もいる。

私もどちらかと言うと、服にはこだわりたい派である。
素敵な服に身を包むと、その日をワクワクして過ごすこともできるから、服選びを工夫していこう。


③自動化

私は一度、ミニマリスト的生活で、服を最小限にし、制服化も実践した。
ただし、ファッション自体が好きなため、制服化はやめた。
そこで、「服のパターン化」を考案した。

「事前に決めた組合せの服をクローゼットから無作為に取り出す」ため、
決断をなくすという効果も出ている。

服選びは結構なエネルギーを使うため、
「服の制服化」とまではいかなくても「服のパターン化」ならいかがだろう。

注意点として、
服の総数が多すぎるとパターン化するのも大変になるため、
7日〜10日分のパターン数以内に留めたいところだ。


④負荷の少ない方法

服選びで悩むこと自体が楽しいという方もいるだろう。
そのような方へ、服選びの負荷を軽減するものを提案したい。

Coordifulというファッション天気予報アプリがある。
天気と体感温度からその日の最適なコーデを提案してくれるアプリだ。

Download on the App Store

「今日の服装、ちょっと暑かった…」
「16℃って、どんな服装がいいだろう?」

と悩む方には、役立つアプリなのではないだろうか。
検討してみてはいかがだろう。
(その他にも「JUSCLO」「キナリノ」「クローゼット」「FINE!」「おしゃれ天気」等のアプリがある。)


⑤現状の方法

色々と書いてきた。
ただし、服にこだわりのある方は、もうすでに自分なりの「服選び」にたどり着いているだろう。

よりよい服選びタイムをこれからも実現していこう。


さて、

その他にも、おすすめの「服選び 時間術」があるという方がいれば

「サイトについて」ページのお問い合わせから

ご連絡いただければと思う。

皆さんが納得のいく「時間術」に出会えるよう願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA