「本|時間術 大全」を活かす時間術

「本|時間術 大全」を活かす時間術


【目次】


【現状|課題リスト】

以下のような課題を抱えている方、

今回も tono時間術フレームワーク を用いて考えましょう。

・ そもそも、時間術とは何なのか分からない
・ 時間術のメリットが理解できていない
・ 結局、自分が採用した時間術の先に何が待っているのか不安だ

【結論|全体図】


【提案|各段階の具体的なアクション】

①やめる

以下の4つを体現するだけで
よりよい人生を歩むことができるという話。

・ハイライト
・レーザー
・チャージ
・チューニング

詳しくは、上の本を手に取っていただければと思う。

なんのために時間術を極めるのか。
それはこの本にもある通り、
「自分が最もやりたいことに集中すること」にある。

そのために「やめる」ことは多数ある。

例えば、

・メール等への即返信(急ぎなら、電話や直接会いに来る。)
 →これは、即返信を「やめる」だけでいい

・集中を阻害をするもの(SNS、テレビ、ニュース、ブラウザ等は見続けてしまう。)
 →これは、関連アプリのアンインストールやログアウト状態をデフォルトにする
  意思力でどうにかしようとしない

・複雑性(混乱を招くし、エネルギー消費も甚大。)
 →これは、同時を「やめる」だけでいい
  例えば、
  開くアプリ/タブは1つに。
  机上の紙は1ページに。
  紙面のタスクは1つに。
  タスク未完の場合、翌日もそれ1つに。


②やる

とにかく、集中できる状況に自分を置く。
そのために、「やめる」ことがあり、「やる」ことがあるだけだ。


③自動化

自動化というか、習慣化というか…。
集中できる状態にならざるを得ない状況にしておくこと。

たとえば、
事前に1日をデザインすれば、
都度「次は何をやろう」と思考するために立ち止まらなくて済む。
そういった状態にしておくことが重要なんだ。

他に取り入れたいものをキーワードで記載しよう。
・コーヒー、緑茶を適切なタイミングで飲む(本に記載がある)
・歩き回る(動くと心身に良い影響がある)
・筋トレ(これも心身のためだ)
・毎日20分運動(有酸素運動が良さそうだ)
・瞑想(最も効果が高そうだ)
・仮眠(休めるかが鍵になる)
・森林浴(人は思いのほか自然に癒される)
・デジタルデトックス(デジタルからの悪影響は大きい)
・紙を使う(自由に可視化できる強い味方)


④負荷の少ない方法

とにかく、やめられることから「やめる」こと。
それが本質的な時間術なんだ。

本質的な時間術を実現するための方法を
数多く提案してくれる本書は我々の強い味方になる。


⑤現状の方法

現状から「増やす」よりは、「減らす」ことを考えた方がいい。
「減らす」ために「やる」あるいは「やめる」だ。

「増やす」のは、自分が最もやりたいことだけだ。

自分にとって最高の「時間術 大全」を実現して
自分にとって最高の「人生」を実現しよう。


さて、

その他にも、おすすめの「本|時間術 大全を活かす時間術」があるという方がいれば

「サイトについて」ページのお問い合わせから

ご連絡いただければと思う。

皆さんが納得のいく「時間術」に出会えるよう願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA